取り組み

取り組み

社員の完全非喫煙宣言 私達の仕事ではお客様に不快な気分、思いをさせません。

世界各国の飲食業においても禁煙意識と健康志向がより高まってきています。
シュッティヤナセでは平成18年よりまず社員が完全非喫煙宣言をすることでより心地よい雰囲気とおいしいお料理と心の通うあたたかい接客サービスを提供するとの思いから実施しています。また喫煙する時間を年間で換算すると仕事をしない無駄な時間は『お客さまに喜ばれる』ことに相反します。当館の全会場及びスタッフルームには空気清浄機を設置しています。
社員一人ひとりが健康志向でいることに誇りとしていますし、さらに健康志向者を社内外に広げていきます。

入社3年を迎えた社員に職種以外の教養、知識を高めてもらうための資格修得制度を導入しています。人さまに喜ばれ、会社の業務に貢献でき、自分自身を高めるためのキャリアを積む、教養知識を高め資格を得ることは社会人として今後の人生設計において社員一人ひとりの個性を活かせるようバックアップしています。
今までにもソムリエ資格、調理資格やパソコン資格、レストランサービス技能検定(HRS)など資格を習得し活躍している社員が生まれています。また『まずひとさまのために』何かできることとして地球温暖化の取り組みで温室効果ガス排出量を削減目標として、『チームマイナス6%』に参加しています。
地域においては年末防災夜警参加、ボランティア活動での地域清掃、社会貢献活動の観点から医療に必要な血液を献血によって安定的に確保するために企業として献血活動を積極的に一人ひとりの『献血サポーター』の実践と推進に取り組んでいます。

チーム・マイナス6%献血サポーター

食を通じて社員一人ひとりの健康的なライフスタイルを送ることの大切さを推進するための一つとして会社の食事についてはマクロビオティックを基本に豆類、海藻類、植物繊維、カルシウム、植物性食品等を中心としたココロとカラダが本来持っている自然のバランスを取り戻せる食事、自然な食材からバランスを考慮した食事を提供しています。
また社内での飲み物、菓子類についてもミネラルウォーターを主に糖分を除いた水分摂取と高脂肪のスナック菓子類は極力摂取しないよう一人ひとりの体質改善においても取り組んでいます。